第24回 ソフトウェア試験の国際標準規格ISO/IEC/IEEE 29119が公開 ~今なぜ必要なのか?この規格の生い立ち~

全ての電子機器がソフトウェアでコントロールされていることはご承知の事と思います。そのソフトウェアの品質については前回までお話ししてきました。そうしたところ、このコラムを読んだ読者から、品質の重要性は理解したがもっと具体的にソフトウェア品質を上げる方法はないのか?との質問を受けました。そこで今回からソフトウェア試験に関する国際規格についてお話しします。

ソフトウェア試験の国際標準規格は(ISO/IEC/IEEE29119)業界では29119シリーズと言われています。この規格はJTC1-SC7-WG26という国際委員会で2013年に作成されリリースされました。とても特殊な規格で、これまでバラバラに定義されていたソフトウェア試験をISO/IECだけでなくIEEEを巻き込んで作成されています。詳しく解説すると、ISO(the International Organization for Standardization 国際標準化機構)とIEC(the International Electrotechnical Commission 国際電気標準会議)は,世界的な標準化のための専門機関です。また、IEEE標準文書は,IEEEソサエティ及びIEEE標準化協会(IEEE-SA)標準化委員会の標準調整委員会内で開発されています。IEEEは、米国規格協会の認可を得た、合意開発プロセスを通じて標準を開発しています。ISO/EC/IEEE29119シリーズはこの二つの国際的機関が合同で作成した標準規格です。簡単に言うとヨーロッパとアメリカが合同で作成した規格という事です。規格はそれぞれの国の思惑があり製品開発で優位に立つために利用される事がままあります。以前に書いた携帯電話の通信方法や電気自動車の充電規格などが良い事例です。それがソフトウェア試験に関しては全世界共通の標準規格を発行したという事が重要です。

例えば、ISO26262という自動車の電気/電子に関する機能安全についての国際規格があります。自動車は輸出する際にはこの機能安全の規格に準拠していることを証明しなければなりません。従来は自動車会社が独自に試験を行い規格に準拠していることを証明してきました。現在の自動車の機能の多くはソフトウェアによってコントロールされています。従って証明するという事はソフトウェアの品質に問題が無い事を証明する事になります。今後はこの29119に準拠したソフトウェア試験が行われていることが前提での評価となる可能性があります。
自動車に限らず、すべてのシステム製品に搭載されているソフトウェアの試験は国際規格がリリースされた事実から推定すると、より厳しく高品質が求められてくると思います。

この規格の特徴のもう一つが規格としての要求事項の定義だけでなく付属書として具体的な事例やサンプルを提示している事です。一般的な規格は概念と用語及び定義、要求事項などで解説や付属書がついても30頁程度です。それが29119の場合1部から5部までのシリーズとなり1・2部は約60頁で3部は約120頁という膨大な規格となっています。現在リリースされているのは3部までですが2015年度中には5部まで正式発行されると思います。
内容の構成は1部「概念と定義」2部「試験プロセス」3部「試験文書」4部「テスト技法」5部「キーワード駆動テスト」となっています。キーワード駆動テストはテストの自動化につながる概念を解説しています。テストの自動化はこれから積極的に取り入れられる技術であり当社でも数年前から研究しているテーマです。
何話まで続くかわかりませんがこのコラムへのお付き合いお願いします。

次回は2月26日(木)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

このコラム読者におすすめの製品

この記事の著者

日本ナレッジ株式会社 代表取締役社長

藤井 洋一

1957年生まれ。大学卒業後、金融機関を経て27歳で創業。業種に特化したパッケージソフトウェア開発を中心にビジネス展開し、2005年からソフトウェアの品質向上の手法として、第三者検証の有効性と必要性を説き事業化。
一般社団法人 IT検証産業協会 副会長
一般社団法人 コンピュータソフトウェア協会 理事兼PSQ品質基準委員会 委員長
著書:
「スポーツでの映像システム活用法」 日本文化出版
「IT検証技術者認定試験 知識試験テキスト」 BCN
日本ナレッジ株式会社

品質の「見える化」で業績UP! バックナンバー

ページID:00080443