第31回 本コラムの出版化にあたって

前回で30回つまり30か月の連載を果たすことができたことをお知らせしました。まさに「継続は力なり」とはよく言ったものです。物書きの能力など持ち合わせていない私がコンサルタント業務を通しての思いの丈を「うだうだ」と書き流している本コラムですが、愛読を重ねて頂いている読者の皆さんに、その「力」をいただいてここまで来られたという気持ちです。
実を申しますと、本コラムをまとめ、整えた本を発刊することになりました。

「中小企業だからこそできる
BOMで会社の利益体質を改善しよう!」

という題名です。日刊工業新聞社から発刊となります。
出版の話が日刊工業新聞社からあった時、私でちゃんと本が出せるのだろうかという漠然とした不安がありました。しかし、それにもまして、私のコンサルタント業務を通して得た知識を、同じ中小製造業で毎日汗をかき努力している読者の皆さんと「だよねー」とどうしても分かち合いたいという強い気持ちがあったのも事実です。

さらに、「BOMによる流用化・標準化設計の実現による設計部門改革と、設計~生産の双方向による真の一気通貫」という他社ではなかなか実現の難しいソリューションを、弊社の中小製造業様対応に特化した専門組織「製造SP」の存在と共に、世の中に知らしめたいという思いです。その思いは「へー!大塚商会って、そんなことやってるの?」と私の知人から言われる度に強くなって行きました。

という訳で、本を出すための「物書き」を始めたわけですが、正直「大変なことを始めてしまった」と何度もおじけづいたのも事実です。
発刊元の編集責任者から「Webサイトのコラムはいずれ消えますが、本は本棚に入ったら一生ものです!」と言われた時には怖くなって筆が進まなくなった記憶さえあります(汗)

それでも、製造SPスタッフや発刊元の編集者からの協力、後押しがあって何とか脱稿まで持ち込めそうです。

来月、7月には発刊された本を紹介できると思います。
新たな体験でつらい事もありました。でも新鮮な刺激でもありました。

ふり返って、私がコンサルタント業務によって新たな体験を強いている製造業の皆さんの気持ちがいまさらながら分かったような気がします。「立場が変わる」大切なことですね。感謝です。

それでは次回を乞うご期待ということで、今月はこれで失礼します。
「あー最後の原稿を仕上げなくちゃ・・・」

次回は7月4日(金)の更新予定です。

★更新情報は「ERPナビ(大塚商会)Facebookページ」にて!

★☆ 「BOMで会社の利益体質を改善しよう!」 発刊のお知らせ ☆★
本文でも触れられた本コラムの書籍は、Nikkan Book Store(日刊工業新聞社)からお求めいただけます。

Nikkan Book Store(日刊工業新聞社)

■本書の主な構成
プロローグ:なぜ今、中小製造業でBOMなのか
PART 1:プロジェクトチームを発足させる
PART 2:最初にやるべき「図面整理」
PART 3:BOMの命は品目コードと運用ルール
PART 4:M-BOMの構築で全方位受注を可能にしよう
PART 5:失敗事例
PART 6:成功事例
PART 7:世界市場で活躍できる中小企業となるために
PART 8:BOMで一気通貫力のある社員を育てる

【本書について】
著者: 株式会社大塚商会 谷口 潤
サイズ:四六判
ページ数:200頁
ISBNコード:978-4-526-07268-0
出版社:日刊工業新聞社

関連するページ・著者紹介

この記事のテーマと関連するページ

部品構成表管理システム 生産革新 Bom-jin

製品原価の80%は設計段階で決定されます。「生産革新 Bom-jin」は生産管理とのデータ連携を重視し、設計技術部門の図面・技術情報などの設計資産を「品目台帳」で管理。部門内の設計ルールを統一し、標準化と流用化を実現します。また、生産管理システム「生産革新 Raijin」と連携し、生産部門との双方向連携による真の一気通貫で、コスト削減・納期短縮・生産効率の向上を実現します。

ハイブリッド型生産管理システム 生産革新 Raijin

「生産革新 Raijin」は、標準品や規格品の“繰返生産”と、個別品や特注品の“個別受注生産”との両方に対応したハイブリッド型の生産管理システムです。また、部品構成表管理システム「生産革新 Bom-jin」と連携し、設計部門との双方向連携による真の一気通貫で、コスト削減、納期短縮、生産効率の向上を実現します。

この記事の著者

株式会社大塚商会 本部SI統括部 製造SPグループ コンサルタント

谷口 潤

開発設計製造会社に入社以来、設計開発部部長、企画・営業部部長などを経て、米国設計・生産現地法人の経営、海外企業とのプロジェクト運営、新規事業開拓に携わる。その後、独・米国系通信機器関連企業の日本現地法人の代表取締役社長就任。現業に至る。

お問い合わせ・ご依頼はこちら

詳細についてはこちらからお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-6743-1672

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00079860